想い出をカタチに 

東日本 クリエーター

stainedglass moineau

小林亜希子|東京都荒川区東日暮里|長野諏訪郡下諏訪町|ステンドグラス|照明|雑貨

昭和レトロ型板硝子に魅せられて2019年より型板硝子を使い活動。 moineau(モワノ)は仏語で「」の意味。
日本で飛び回る雀のようにステンドグラスが生活の中でもっと身近な存在になって欲しいという願いで名づけました。 工房は長野県下諏訪のホシスメバと都内の自宅の一角。 昭和レトロ型板硝子は儚く繊細で優しい表情を持ったガラス達です。 その良さを活かした貴方のお部屋に調和するランプや小物をご提案いたします。
詳細はページへ ⬇︎


Hacchi.stainedglass

東京都国分寺市|ステンドグラス|雑貨・小物|

私の作るステンドグラスは手軽に飾れる小さなものです。でも昭和ガラスを取り入れる事で小さな作品に存在感が生まれます。 それは日に当たってキラキラと輝くこのガラスのエネルギーみたいなものから生じるのではないかと思っています。 現代のガラスにはない不思議な魅力を持つ昭和ガラス。 今はもう作られていない古いガラスだけれど沢山の人に身近に感じてもらえたらいいな、と作品作りをしています。
詳細はページへ ⬇︎


可夜

東京都江東区亀戸6-48-5-2F・可夜硝子|工芸|

2015年より飼い猫をモチーフにしたグラスを創り始める。 砂彫刻、宙吹き、切子を融合させる事により
猫の魅力をより引き出していく。
おみやげグランプリ2017《クールジャパン賞》受賞。
現在東京都亀戸にアトリエを構え、作品を購入する事も出来る。(要事前予約)
型板ガラスの一つである結霜ガラスの制法の研究をきっかけに、型板ガラスを作品に取り入れ始める。

詳細はページへ ⬇︎


sunny*glass

神奈川県横浜市|ステンドグラス・器・ガラス雑貨

祖父母の家の取り壊しをきっかけに、たくさんの価値ある昭和ガラスたちが姿を消していることを知りました。
古いものには時を重ねた魅力があります。刻んだ歴史は形を変えても生き続ける。その想いを大切に心を込めて制作しています。
詳細はページへ ⬇︎


izumilife

東京都東村山市|ステンドグラス|アクセサリー|

暑い季節には涼しげに寒い季節には凛と儚げに日々の暮らしにステンドグラスの彩りを。敷居が高いと思われがちなステンドグラスですが普段使いできる小物を中心に手作りしています。今は作られていない昭和の型板ガラス。
幼い頃に暮らした家。柱のキズや壁の落書き。お手伝いの度に開けた食器棚の扉。大きな思い出をぎゅっと凝縮してステンドグラスの作品へ。大切な人の暮らしのそばに寄り添えますように。
詳細はページへ ⬇︎

PAGE TOP